問題解決Q&A!

正しい経営判断を行うために不可欠な、経営情報を入手したい。

Q.工事ごとの原価がどの位かかっているのか、利益はどの位あるのか。いつも正確に掴んでおきたい。
Q.月間や年間で、工事全体の請負の合計、売上の合計はいくらか。原価がどの位かかったのか、また工事の種類ごとに利益率はどうなっているか。今後の方針を定める上で正確に知っておきたい。

Q.工事ごとの原価がどの位かかっているのか、利益はどの位あるのか。いつも正確に掴んでおきたい。

A.「工事サクセス」を使って、仕入先や外注先からの請求書や、社員さんの日報を入力するなど、日常業務をこなすだけで、「工事台帳」や「実行予算書」がボタン一つで印刷できます。工事台帳を作るために、同じデータを入力したり、転記する必要はありません。


↑ページトップへ

Q.月間や年間で、工事全体の請負の合計、売上の合計はいくらか。原価がどの位かかったのか、また工事の種類ごとに利益率はどうなっているか。今後の方針を定める上で正確に知っておきたい。

A.「工事サクセス」を使って日常業務をこなすと、すべての工事のデータが蓄積されていきます。この貴重なデータベースを活かして、「月間・年間集計」、「元請・下請ごとの集計」、「新築、ビル・マンション、店舗、雑工事ごとの集計」など、自由自在にほしいデータを集計・印刷することができます。
→「帳票サンプル請求(資料請求ページへ)」


↑ページトップへ